内科医shimaのブログ

都内在住の勤務医が、資産形成のために投資を志したり、日常診療で気になったことを色々書いていきます。

新築区分マンションは勧誘されても買ってはいけない理由

医者をしていると、

「節税対策にマンションを買いませんか?」

という電話は、よくかかってきます。

今までは

「興味ありませんから!」

と言って断ったりしていましたが、それでもしつこい勧誘が続きます。

最終的には、こちらから「結構です」と言って切ることが多く、なんだが負けた気分になっていました。

しかし、不動産の勉強を始め、少しずつ分かってくると、買ってはいけない理由が分かってきました。

1.利回りが低い。
2.相手が失礼。

この二つに集約されると思います。

 

この間も電話がかかってきました。

業者A(以下、A)「shima先生ですか?~社のAと申します。先生に節税対策のためのマンションのご紹介をさせていただきます。」

shima(以下、S)「はい、そうですが(なんで電話番号知っているんだろう)。ご用件は何でしょうか。」

A「大阪で1700万円の区分マンションがありまして、どうですか?」

S「利回りはいくつですか?」

A「え?」

S「物件の利回りはいくらでしょうか」

A「えー・・・。入社して2年目でして、分かりませんので、先輩に代わります。」

業者B(以下、B)「先生、利回りって言っても色々あるんですよ。なんの利回りですか?」

S「グロスではなく、表面利回りでいいです。」

B「3%です。」

S「表面で、ですか?」

B「はい。」

S「わざと赤字を出して節税対策にするっていう方針ですか?基本的に赤字にはしたくないんですが。」

B「先生は不動産の勉強されて何年ですか?」 

S「だいたい1年弱です。」

B「何やってるんですか?医者ですよね?医学の勉強した方がいいんじゃないですか?(かなり怒り口調)」

S「え?なんで怒ってるんですか?」 

B「こっちが質問してるんです。医学の勉強をしてくださいよ。」

S「じゃあ、勉強するのにこの電話は無駄ですよね。そちらから電話を切ったらいいんじゃないですか?」

B「ええ、そうします(ガチャ)」

 

以上の通り、低い利回り(都心の区分でも5~6%はある)と、失礼な対応でした。

それにしても酷い。

でも、騙されて買わされる人もいるんですよね(同じ医局にもいました・・・)。

 

いろんな人が言っていることですが、新築区分マンション(とくに、いきなりかかってくる電話の勧誘)は、絶対に買わないようにしましょう!